So-net無料ブログ作成

書楼弔堂 探書拾参 史乗 [京極夏彦]

tomuraido13_f.jpg
《「乗」は記録の意》歴史上の事実の記録。歴史書。史録。
小説すばる2月号掲載
第三季開幕

10日前に八甲山雪中行軍遭難事件が起きた
明治35年の冬。
2年前より始めた坂道の途中にある甘酒屋を営んでいる老人、
弥蔵(やぞう)が店じまいの支度をしてると
思想家で有名な徳富蘇峰から声をかけられた。
この坂道の先へに続く書楼弔堂への道を迷っているのだと言う。

蘇峰が語る不思議な本屋に興味を持った弥蔵が同行し
たどり着いた弔堂の店先には、白衣に浅葱の袴を着た服装が違っていたなら
性別がはっきりしない小柄で綺麗な顔をした青年が二人を迎え
弔堂主人元へと案内した。
 “しほる”と名乗ってないけれど彼ですよね?
成長してびっくり(´∀`;性別不明な程の美青年…

今回のゲストは徳富蘇峰。
多岐に渡る活動と発言の変質の繰り返しで
とにかく掴みどころのない人物像を
自由民権運動の変化と合わせて
わかりやすく読ませてくれるのが流石でした。

そして弔堂ならではの創作は
全100巻の「近世日本国民史」を書き上げた
その執念を、絶縁状態だった弟の徳富蘆花との
復縁を只々願って蘇峰の行動や考えが平和を思う事からの
示す為に記した100巻に渡る“後の世に向けた手紙”なのだったと
いう動機にしたのがとても面白かったです。
どうしてもレッテルを貼って見てしまう徳富蘇峰を
“書簡はその人の自伝なり”と述べた彼ならばもしかして?!と
思わせてくれる様に虚を入れてくる京極さんってホントすごい。

自分の一冊は蘇峰が子供の頃に読んだ頼山陽の「日本外史」の一冊目。
初心を戻す気持ちで購入


今回からの主人公役である弥蔵が良いキャラしてますねぇ(・∀・)
今までの高遠や塔子と違って老人ゆえに著名人にも遠慮なく
文句、というか素直にツッコミを入れるポジションなので楽しいです。
クセのあるキャラは本田博太郎とか寺島進とかイメージで読みました

ただそのプロフィールがだいぶ濃ゆくて…
陸奥出身で妻子はなく
弥蔵という名は拾った名前で偽名
桂小五郎、板垣退助、伊藤博文、山県有朋ら
幕末の志士達の事に詳しくて新撰組を直に見た経験があり
坂本龍馬とも話した事がある…
一体何者なんだろう感マシマシの正体不明ぷり(´∀`;
幕府側についた事で賊軍と呼ばれ二度と刀を持ちたくない、とこぼしていたから
会津出身の志士だったのかしら?


あと、弥蔵の店に通う利吉もかなり怪しく…
歳は三十前。実家は酒屋で兄が継いでいる
噺家を目指すが三月で破門
新聞記者を目指すが門前払いで今は物書きを目指している

後の著名人なのかと考えましたが来歴が合いそうな人が
思いつかないんですよねぇ…一体何者なんだろう(その2)(´・ω・`)うーん

第三季も続きが楽しみです

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。